FC2ブログ

キミに幸あれ

そして私にも・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
突然ですが、シャワー用のボイラーがぶっ壊れました。
お湯にならないんですよ、シャワーが。水。真水。

なんとなく貧乏くさい感じの姉さんです。ごきげんうるうる。

それでもね、36℃とかあった日ならいいですよ。
しかし、ここへきて24℃とかでしょ。
水風呂なんてムリですからーーー!!!(T-T)

幸い、追い焚きの機能は正常なので、
とりあえず今は浴槽に湯を張り、それを使ってしのいでいます。

ガス会社と管理人には連絡済。部品取替えだってさ。
なんでもいいが、早いとこなおしてもらわないとな・・・。

さて、「昔の恋愛」の続きいきましょうか。今回も長いぞぃ。
前回を読んでない人はコチラからどうぞ。



++前回のおさらい++
すんごい惚れてたN本さんにフラれてしまった私。
ここから私のあり地獄のような生活がスタートします。
が、茨の道へ頭からダイブしたことに、本人はまだ気づいてませんw




社内では私たちが付き合っていたのは公認の事実だったのですが、
私が何か言う前に、N本さん自身がふれまわったらしく、
私たちが別れたことはあっという間に広まっていました。

ぶっちゃけ、私としては別れに納得していなかったし、
走り去られて以降、連絡も取ってもらえずにいたんですが。
周りの人に別れを「事実」として告げることで、私に余地を与えないという、
実に狡猾で、効果的な方法をとったようでした(苦笑

当然彼は、職場でも挨拶もしてくれなければ、目も合わせてくれません。
もともとは上司なので、そうなるとこっちとしては恐怖の対象と言うか
みだりに話しかけることができない存在なので、手の出しようがありません。

ここで、私には選択肢がふたつありました。

ひとつは、この気まずさを理由にバイトを辞めるというもの。
これで辞めても、たぶん誰も文句は言わなかったでしょう。

もうひとつは、このまま意地でもバイトを続けていくというもの。
社会人としてはこちらを選ぶべきですが、あまりにも苦痛ですよね。

そして、私は後者を選びました。
当時は、社会人としてのプライドとかはあまりなかったように思いますが、
ここで辞めたら負けのような気がしたのも事実です。10%くらいは意地です。
あとの90%は未練ですよね、やっぱり。
辞めてしまったら、私の人生の中に彼がいなくなるわけです。
せめて同じ空間に属していたい、望みをつなぎたい、という未練ですよ。
誰もがみな、この決断を反対しました。あんたはバカだと言われました。


はーい、バッカでぇーっす!!

( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ



とは言っても、現実は恋人として復活するのは絶望的な状況でした。
なんせ、イチ個人としての存在自体を無視されてるわけで、
カノジョとかそういう次元じゃないんですよ。挨拶ムシですから。

なので、とにかく私は仕事を頑張ることにしました。
実際、このとき入社してからまだ3ヶ月くらいしかたっていなくて、
基本的なことが少しだけできるようになったかなーくらいのレベル。
やっとたまごから孵ったばかりのヒヨコちゃん状態でした。

とにかく、辞めずに居続けることを選んだ以上、仕事はしないとね。
そもそも、私はサービス業が楽しくて楽しくてしかたなかったし、
高みを目指したくてN本さんに惹かれたわけで、本人にもそう言ってました。

なので、ここで仕事をおろそかにしてしまうと言うことは、
私が彼に熱く語った仕事への情熱や、彼への尊敬をも否定するというか。
彼に、所詮はそのレベルだったんだねと思われるのがいやだったんです。


頑張りましたよー。ホント頑張りました。
覚えること、やることがものすごいいっぱいあるんです。
マニュアルというものがなく、自分で覚えていかなくちゃいけないし、
たぶん、ファミレスとかの仕事を想像してると全然ちがうと思います。

で、そうやって頑張られちゃうと、N本さんとしても「主任」という立場上
いつまでも私の存在を無視しているわけにも行かなくなります。
少なくとも会社が「挨拶は社会人としての基本」とか謳ってるのに、
それを主任が実践しないわけには行かないじゃないですかw

なので、徐々に存在無視は解除されてきました。ヤレヤレ。
と安心したのも束の間、ココでまた大きな問題が発生するのです。

挨拶や、仕事上の指示をしてくれるようになったのはよかったんですが…。














私にだけ異常に厳しい!!


ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!









いや、もともとね、すっげー厳しい人なんですよ。
だからそういう意味では、バイトからメチャクチャ嫌われてる。
まかないのときとか、飲み会のときとかはいいんですけど、
仕事になると鬼なんです。ものすっごい怖いんですよ。

しかしそれを差し引いても、私にだけズバ抜けて厳しいのです。
もうね、親の敵か?ってくらいつらく当たるんです。
最初は私の気のせいかな、とか思ってみたりもしたんですが、
バイトの先輩方が口々に

「ちょっとひどすぎるよ。あれはないわ」
「他の人なら笑ってることも、怒るもんねえ」
「っていうか、大丈夫?つらいでしょ?」

と労わってくれるので、気のせいじゃないんだなと。_/ ̄|○ il||li
オマエはどこの姑かってくらい、細かいミスを見つけくるんです。
そしてそのたびに、

「それでカネもらえるんだから立派なもんですねえ」

「そのレベルじゃ、周りにも迷惑なんでホール出せないよ」

「2回同じこと言わせないでもらえます?もういらないよ」



などと、吐き捨てられるんです。
N本さんは、怒ると丁寧語になるクセがあって、これがまたムカツクんだw
このレベルのお小言は、大きなミスをしたり、彼の機嫌の悪さがMAXの時は
私じゃなくても誰でも言われます。私だけじゃないんです。

営業中、ウラへこもって泣いた人なんてゴマンといます。
辞めていった人もたくさんいます。ホント、スパルタ。

ただ、毎度毎度、小さなミスでも言われるのはさすがに私だけ。
凹まなかったのかと言われれば、毎回凹んでましたよ。
怒らなかったのかと言えば、毎回ムカついてましたよ。
次言われたら、トレンチ(お盆)投げつけて

「ああ、じゃあもう辞めてやるよ!陰険メガネのクソヤロウ!!」

と言ってやろうと思ってました。
次こそは、次こそは・・・って結局そうしたことはなかったんですがw

そうしなかったかわりに、私はメモをつけることにしました。
「メモを取れ」というのは、この会社では口をすっぱくして言われることで、
マニュアルがないので、覚えるべきこと・注意されたことは自分でメモり、
2回同じことを聞いたり注意されたりするな、というのが鉄則でした。

なのでみんな、小さなポケットサイズのノートを持ってるんです。

私はそこに、表紙からは業務上の知識を書き綴り、
後ろから、注意されたことを逐一メモることにしました。
しかも、ただメモをするんじゃありません。

言われたとおりの言葉遣いで書くのです。

たとえば、N本さんが

「料理を持って行ったら、下げ物をしろ!頭遣ってくれませんかね!
ムダが多すぎんだよ。1way3worksって教えたでしょ。何度も言わせんな」


と言ったら、ノートには

1way3worksを考えること。何度も動いては邪魔だし無駄。頭を遣え。

と書く。どんな細かい注意でも、全部メモって、後でノーとにまとめる。
これを徹底してやりました。半分以上は、ムカついて書いてました。

で、ヒマなときにそれを読み返すんです。
言い方はむかつくけれど、彼が言ってることは非常に正しいので、
それをやっているうちに、かなり色んなことを考えられるようになりました。

あと、彼はいきなり


「八珍湯面(五目つゆそば)の具を全部言え」

「豆板醤(トウバンジャン)の原材料は何か」

「麺のカタヤキ、両面焼き、普通やきの違いは何か」



とか料理についても聞いてきて、答えられないとまた小言なんです。
もちろんこれも、オーダーを取る黒服になれば知らなくてはいけないことで
それ自体は正しい質問なんです。テストとかもあるくらいなんです。

でもね、まだまだオーダーとか取れるレベルじゃない白服の頃から、
イキナリこんなことを聞かれて、答えられないと罵られるわけですよ。
さすがにね、周りも引きますよ。ありゃないわーって思いますよ。

材料や料理については、N本さんは一切解答をくれません。
調べてわからなければ、調理場に聞きに行くしかないんです。
ハッキリ言って、ホールの新米バイトにとって、調理場は未知の世界です。
しかもその店は、調理場とホールが別の階にあるので交流があまりなく、
できれば一生踏み入れたくないと言うか、行きたくないところなのです。

でも私は行きましたよ。
初めは「なんだコイツ?」って顔してた調理場の人たちも、
だんだん色々教えてくれるようになりました。

そうすると、N本さんは必ず新しい問題を出してきます。
もちろん、サービス技術に関しての、毎度の小言も忘れません。

もうここまでくると仁義なき戦いです。バトルです。

意地悪するならすればいいさ。絶対認めさせてやる。
女としては認められなくても、仕事の部下としては認めさせてやる!
そのうち小言もいえないように、完璧になってやる!!


私を支えていたのは、その闘志だけでした。


当然、ここまでの心意気を持って、しかも言われたことをこなしていれば、
自然と知識・スキルは上がります。新人にしてはありえないスピードでした。
黒服の人から「これどうだっけ?」と聞かれることもありました。

結果として、彼の意地悪は私に大きなプラスとなったわけです。

ただしこれはあくまで「結果として」なんです。
この当時は、大好きな人にフラれ、口も聞いてもらえず、
口をきいてもらえるようになったかと思えばイヤミかお小言で、
20歳から21歳になったばかりの小娘が凹まないわけありません。

凹みまくりの傷つきまくり、疲労困憊もいいところでした。


ちょうど21歳の誕生日を過ぎ、秋に差し掛かった頃から、
私は自宅にPCを導入し、インターネットなるものに手を出しました。
名目は「今後、就職活動に必要だから使えるようになりたい」でしたが、
疲れて、傷ついて、淋しかった私がまずやったことは、メル友探し。

ネット初心者でビクビクしてた私が、なるべく安全そうなところを求め、
行き着いた先が「pure!メール&ポスペフレンド」でした。
(リンク張ろうと思って久々に覗いたら消えてる!やめたのかな?)

ココで、Yさん・まきくん・○っくんに出会います。
思えば長い付き合いだなあ。私、21歳なりたて。

メル友探しだったはずが、気づけばチャット仲間ができちゃったw
毎晩、テレホが始まる23時以降にログインし、明け方まで話してました。

そして、ウチらの中で「ホームページ作り」のブームが訪れ、
ココをスタートとしてHTMLを学びます。○っくんの力添えも大きかった。
最初にジオシティーズで作ったホムペ、ひどくて見せれませんよww

それからまもなく、Yさんが自分のホムペにもチャットを設け、
そこで小寺さんや元譲さんとも知り合いました。

他にもいっぱい色んな人と知り合ったんだけど、みんな元気かなぁ。


っとっとっと。
話が大きくそれてしまいましたね。すみません。

まあそんな感じで、私の過酷な戦いが始まり、それがしばらく続くのです。
その戦いに変化が出たのは、もう少し先の話。

それはまた次回!



to be continued。。。。。。。

おー 出てきたね~。恋愛遍歴に「ダーリン・ヤマさん」も入れといてねw

HP見てきたよ!相変わらずかっこいいわ(^_^;)
ああ、見た目は「カワイイ」だけど。力量がカッコイイ

2006.07.21 16:47 URL | Y #9hkf6wfI [ 編集 ]

>Yさん
出てきましたよ。長い付き合いでんなぁ~w
ココでの恋愛遍歴には、ヤマさんじゃなくて・・・ゲフンゲフン

HP見てくれてありがとう。結構疲れました。
今回のコンセプトは「見やすく」です。
ちっちゃくカッコよくまとめるのもステキなんだけど、
今回はとりあえず見易さ重視で、シンプルに頑張ったつもりw

2006.07.21 17:49 URL | 姉さん #OPAOEKRA [ 編集 ]

pureは少し前に閉鎖宣言されてましたね。
うーん?半年くらい前だっけか?

2006.07.21 23:14 URL | 小寺 #- [ 編集 ]

( ´-`)
恋愛話晒してなにが面白いんだろう…

2006.07.22 00:39 URL | けい #- [ 編集 ]

>こでさん
そうでしたかー。閉鎖かー。
まあでも思えばずいぶん長くやってたもんですなぁ


>けい
いやーん、そんなホメないでっ☆^(o≧▽゚)o

2006.07.22 10:07 URL | 姉さん #OPAOEKRA [ 編集 ]

テレホで朝までサルのようにネットをしていた頃、
若かったなぁ…orz
お濃さんの恋愛事情はそんなだったのですねぇ。

補足
私は一応、Pureでデビュー(多分こでさんも)
私はその後,Pureを完全に離れてヤマさんのところでしたからね。

2006.07.22 14:29 URL | 元譲@会社 #- [ 編集 ]

>元譲さん
そうですねえ、若かったですねえ・・・しみじみ。
あ、元譲さんとこでさん、やっぱPUREデビューでしたか。
いや、そんな気がしていたんですが、ま●くんのHPで
私の紹介が「PUREで知り合った友人」だったのに対して、
こでさんの紹介が「某友人サイトで知り合った友人」だったので
あれ、もしかしたらYカフェデビューだったっけ?と思って。
失礼しました。

私だけ、皆さんと会ってないんだよなー。
Yカフェのオフ会、行きたかったなー。またやりましょ?w

2006.07.22 15:14 URL | 姉さん #OPAOEKRA [ 編集 ]

多分コデさんはヤマカフェだったような。
重なってる時期あったからほとんどごっちゃやねw
まぁ皆さん、店員さんしてくれてたわけですがw

しっかしN本さん酷いなぁw

2006.07.22 15:23 URL | Y #9hkf6wfI [ 編集 ]

>Yさん
そうか。もうあの時期はよくわからんな。
とりあえず、キミがPUREオフに参加できなくて、
私がYカフェのオフに参加してないことだけは覚えてる。

あなたと出会った頃の私は、こんな状況でしたw
バカな21歳だったねえーww

2006.07.22 16:16 URL | 姉さん #OPAOEKRA [ 編集 ]

僕はハイ、Yカフェの方ですよ。
ちなみYカフェのオフには参加してないっす。
元譲さんとは数年前に別口でお会いしましたけどねー。

2006.07.22 16:36 URL | 小寺 #- [ 編集 ]

>こでさん
ほうほう。こでさんはYカフェっと。
あれ、Yカフェのオフ参加してないでしたっけ?
てっきりしていたものだと。くろ●んさんとかと。
できることなら、やりたいもんですなー。

2006.07.22 17:17 URL | 姉さん #OPAOEKRA [ 編集 ]

ありゃ、勘違いでしたか…失礼。
Yカフェのオフはこでさんとくろ●んが不参加でした。
オフ、どこでやるかね~?w

2006.07.22 19:32 URL | 元譲 #- [ 編集 ]

>元譲さん
キレイに西と東に分かれてますねえ。
オフやるとしたら、どっちかが妥協してどっちかに行かないとw
ホントにやることになったら、どこへでも行きますよ?w

2006.07.22 20:47 URL | 姉さん #OPAOEKRA [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://lovede.blog27.fc2.com/tb.php/216-32da7d06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。